• ホーム
  • 真剣に医者にED治療について相談をする際には何科に行けばよいか

真剣に医者にED治療について相談をする際には何科に行けばよいか

体調が悪いときは一時的に陰茎が立たなくなることがありますが、長期化するようならEDが疑われるので自己判断せずにED治療ができる医療機関で検査を受けて、勃起不全の原因に応じた治療をしていく必要があります。そこで何科でED治療を受けられるかについてですが、対応しているのは多くが泌尿器科であり、特に下半身の悩みに特化したクリニックは治療実績が豊富にありますので、的確な診断や治療法の確立などが可能です。

ED治療薬が誕生した当初は医療機関で治療を受ける人は非常に少なかったですが、現在は治療薬で改善できることが広く知られるようになり、それに伴って治療に対応した泌尿器科が増えているので気楽に治療を受けられます。相談する際は下半身を見られるのが心配という人がいますが、実際に下半身を見せるというケースは非常に稀であり、ほとんどのEDは血行障害が引き金となっているので、ED治療薬の服用や生活習慣病対策が中心になります。

泌尿器科の場合はED治療専門のクリニックでなくても治療に対応してくれるのが普通ですから、総合病院や個人病院を問わずに治療を受けられますが、ほかにも内科で治療薬を処方してくれるケースも増えてきています。風邪やインフルエンザが発症したときにお世話になっているかかりつけ病院が処方していることもあるので、何科に通えばいいか迷っている人は、かかりつけ医にED治療薬を処方してもらえるか確認してみるのもよいです。

勃起不全は下半身のトラブルではありますが、実際は下半身自体に原因があるのではなく、血流障害や緊張が大きく関係していることが多いので、何科に相談した場合においても生活の改善は求められると考えてください。特に、若くして発症するケースほど生活習慣の乱れが絡んでいることが多く、食生活を改善して脂肪や糖質の摂りすぎの防止、運動不足が原因となる代謝低下の改善、寝不足が引き金のストレスの解消などを求められます。

若くはない年齢で徐々に早漏体質に傾いていった場合は、EDが影響していることが多々ありますので、早漏対策にも対応している泌尿器科や専門クリニックに相談し、早漏治療薬やED治療薬などの処方を受けてください。一方で若くしてEDになるのは非常にめずらしいケースですが、若いうちは性的興奮に対する抵抗力が弱いことから早漏になりやすく、早漏からEDを招くことは意外と多くありますので、この場合は早漏を解消する対策がおすすめです。