• ホーム
  • ED治療薬のタダラフィルについて効果と副作用を調べてみる

ED治療薬のタダラフィルについて効果と副作用を調べてみる

患者と話している医者

タダラフィルはED治療薬シアリスの有効成分であり、肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大の治療に用いられますが、勃起不全を解消するためにも役立つことが判明しており、第三のED治療薬としてシェアを拡大しています。昔はED治療薬と言えばシルデナフィルを有効成分とするバイアグラが有名でしたが、持続時間がそれほど長くないという性質があったため、それを解消するための治療薬としてタダラフィル、商品名シアリスが登場したわけです。

タダラフィルはウイークエンドピルと称されるように、週末を1錠で乗り切れるED治療薬として有名で効果は最長36時間も続くので、土曜日の夜に服用すれば日曜日の同時刻まで余裕を持って作用が継続するのです。タダラフィルはバイアグラのシルデナフィル、レビトラのバルデナフィルと比較して勃起力を強化する作用はやや劣りますが、それでも必要十分な勃起力は確保できますし、何より持続時間が長いので安心して性行為に臨めます。

これがバイアグラだと4~5時間、レビトラだと5時間程度の作用になりますので、ちょっと仮眠をするつもりで朝まで眠ってしまうと、薬効が切れて下半身の元気がなくなる状況に陥りますので、持続時間は思いのほか大事です。最長36時間作用するタダラフィルなら行為前に眠ってしまって翌朝になっても、性的刺激さえ受ければすぐに勃起できる状態にありますので、持続時間から見た費用対効果を考えるなら、他の治療薬よりもコストを抑えられます。

タダラフィルの効果において注意したいのは勃起力促進には役立つ反面、性欲を向上する作用はないことであり、性的興奮がない状態で服用しても下半身に変化はありませんので、必ず興奮がある状態で服用してください。血行不良とは関係のない心因性のEDにおいてもタダラフィルは効果的で、服用したことによる安心感からプレッシャーやストレスが解消して、十分な勃起力を得られたという話は多いので試してみる価値はあります。

副作用は他のED治療薬と比較して発症率は低く、主な副作用には頭痛やほてり・鼻づまりなどが見られていますが、飲み慣れてくると気にならなくなるケースがありますし、副作用の多くは薬効の消失によって解消していきます。重たい副作用には皮膚疾患や全身の倦怠感、併用禁忌成分との併用による著しい血圧低下などがあるため、初めて服用する人は体調変化に敏感になること、医療機関で処方を受ける際は服用中の薬を医師に伝えることを徹底してください。